トップページQ&A食用 馬の油に関するQ&A

食用馬の油に関するQ&A

Q.馬の油の使用期限はどのくらいですか?
A.食用の馬の油の消費期限は1年です。
ただし、馬の油は天然成分ですので、保管条件に左右されます。
保管の際は冷暗所に保管してください。
Q.暑くてドロドロになった馬の油を、冷蔵庫に入れて冷やした時、成分の変化はありませんか?
A.馬の油の、成分の中の固形の部分と液状部分のバランスが崩れてしまい、冷蔵庫に入れて固まった時、表面の滑らかさ・見た目が悪くなることがありますが、馬の油の性能には特に問題はありません。冷暗所に保管される事をお勧めします。
Q.全身のどの部分にも使えますか?食用の馬の油 手に塗って使える馬の油イラスト食用の馬の油 手に塗って使える馬の油イラスト食用の馬の油 全身に使える馬の油イラスト
A.馬の油は顔や身体、気になる部分にお使いいただけます。
ただし、傷・はれもの・湿疹・かぶれ・ただれなどの異常がある時は、ご使用を控えて下さい。
Q.乾燥肌にも効きますか?
A.馬の油は年齢に関係なくお肌に馴染みやすく、皮膚に油分を補い乾燥を防ぎます。
Q.馬の油を塗って太陽光にあたった時の油焼けはありますか?シミになったりしませんか?
A.馬の油は人間の皮脂に近い不飽和脂肪酸が多いため、お肌に馴染みやすく表皮表面に馬の油分が残らないので油やけやシミになったりすることはありません。
ただし、特にUV効果は期待できませんので太陽光にあたる際はUV効果のある化粧品で紫外線を防ぐ事をお勧めします。
Q.唇へ塗っても大丈夫でしょうか?食用の馬の油 唇に塗るイラスト
A.唇のあれや乾燥を防ぐ効果は期待できます。
Q.楽器や革製品のお手入れに使えますか?
A.馬の油を楽器やレザーワックスとして使用されているお客様もおられます。
ただし、本商品は楽器や革製品のお手入れ用の製剤としての作製はしておりませんので使用される場合はその事をご理解の上、個人の責任でご使用して下さい。(何かしらのトラブルが起こっても保障はしかねます)
Q.油分によって吹き出物やニキビは出来ないか?
A.新鮮な馬の油によって吹き出物やニキビが出来ることはありません。
ただし、傷・はれもの・湿疹・かぶれ・ただれなどの異常がある時は、ご使用を控えて下さい。
Q.舐めても問題はないですか?
A.食用ですので、舐めても人体への悪い影響はありません。
Q.頭髪への使い方はありますか?食用の馬の油 頭髪に使える馬の油イラスト
A.馬の油をヘアオイルとしてもご使用いただけます。
ご使用後は2度洗いをお勧めします。(1度目で油を浮き上がらせて、2度目でしっかり洗い落します)
Q.長期の使用、放置によって酸化しますか?
A.馬の油は天然成分ですので長期の使用や保管条件によって酸化は進んでいきます。
冷暗所にて保管されることをお勧めします。
Q.犬が食べても大丈夫ですか?食用の馬の油 犬が食べても大丈夫な馬の油イラスト食用の馬の油 犬が食べても大丈夫な馬の油イラスト
A.口に入っても影響はありません。